なんか来たお('А`)

2008.6月以前
08 /11 2006
現実逃避しながらネサフしてたら、謎のおばちゃんがやってきた。


「手相みますよー(´ω`)」



あらー…最近は、人の手相をみる出前まであるんですか?



「お母さんはいないんですか?」

「あー…今仕事ですねぇ」

「お嬢さんは、高校生かな?」

「いやー、一応大学生っす」

「あらやだ、ごめんなさいねぇ(ノ∀`)」


いいんです。
声はおっさん、見た目は子ども。
それがどまです('А`)


「じゃぁ、お嬢さんの手相みてあげるわぁ(´ω`)」

いいから帰りたまえ、おいらはネサフせねばならんのだ
あ、どーもっす(´∀`)」

「んー………中々、手かたいねぇ。若い子ってもっとやわらかいもんだけどwww
家事とか、何か力仕事してるの?」

ちょwwwそれ、手相と関係なくね?wwwwww
それ、絶対ソフトボールのせいだおwwwwwwww

いやぁ、何もしてないんですけどねぇww」

「これが生命線で、こっちが頭脳線ねー…
あらぁ、頭の回転がはやいってでてるわぁw頭いいのねぇ!」

プッwwwアリエナスwwwwwおばちゃん、おいらが大学生っつったから、そんな風に言うんじゃねーの?wwwwww
生憎大学は、受験前にアニメ浸りしても入れるんすよwwwwww

いやいや、そんなことは(ノ∀`)www」

「こう、軽く握ってもらえる?
ここに出るのが結婚線なんだけど…お嬢さん、あんまりはっきりと出ないねぇ。
まぁ、何本も出るひとは、何度も結婚するってことなんだけどねーww」

そらぁ結婚する気皆無ですからwwww出ないでしょーよwwww
へぇー(´∀`)www」

「んー…頭の回転はいいけど、人に何かを頼まれたら、あんまり断れないタイプってでてるわねぇw」

「あ、そうです∑(゜ω゜)」








とまぁ。
そんな感じで、テキトーに話してたんすけど、
おかんがすぐには帰ってこないことを察したのか、おばちゃんは潔く帰っていきますた。

最後のやつ…当たってるよーな、当たってないよーな。

最近は誘われても、「面倒だから行かない」(最低)と拒否るんすけどねー。

…でもよく考えたら、おばちゃんを追い返してない時点で、もうそういうタイプってみられたんじゃねーかと(;´ω`)


…え、これ、手相っていうより、心理戦?(;´∀`)

どまっしゅの

百合くれおじさん。
いつだってリンク・アンリンクフリーです。






↓mail